特進×解体新書セミナーに行きました!



こんにちは!クミコ@ミリママ養成塾です。
このところ土日は作業ストップしてお休みしていましたが、

今週だけは特別!


久しぶりのセミナー参加ぴかぴか(新しい)です。


今回参加したセミナーは、

加藤宏幸さんの【特進アフィリエイトプロジェクト】

和佐大輔さん&一瀬翔さんの【真・ブログ解体新書】


の、商材購入者限定セミナーです。



普段はセミナーなんてめったに出られないのですが、
土曜日の昼間なら何とかなります!


ということでチビを夫に預けて、参加してきました。




ほんっとにありきたりの感想なのですが、


セミナーってモチベーション上がりますね!



・・・つまらない感想でごめんなさい(笑)



わたしは

【特進アフィリエイトプロジェクト】

【真・ブログ解体新書】


どちらの商材も読みました。
読んで、自分なりに実践しているつもりです。


でもセミナーで初めて気づいたことがありました。それは、


「やってるつもりでも、出来てないことって意外に多い!」


ということです。



一瀬翔さんのお話で、

『自分をブランディングすること』の本当の意味について考えました。


和佐大輔さんのお話で、

自分では全く思いつかなかった『ハウスリストの活用法』を知りました。


そして加藤宏幸さんのお話を聞いて、

わたしは『特進ノウハウの本質』をまだきちんと理解できていなかったことに気づき、深く深く納得しました。




ネットビジネスは人脈が大事だと、よく言われます。

また、ネットビジネスで経済的自由を得ましょう、と多くの人が言います。



・・・その言葉のほんとうの意味を考えたことがありますか?




わたしは和佐さんと一瀬さんのお話をきいて、

人とのつながりを大切にする人だからこそ、

【真・ブログ解体新書】が誕生したんだと感じました。






わたしは加藤さんのお話をきいて、

自由へのこだわりを大切にする人だからこそ、

【特進アフィリエイトプロジェクト】が誕生したんだと感じました。






講師3名に共通するものは、

自分なりのポリシーを決して歪めない、マインドの強さ



それがあるから成功者になったんだな、と感じました。



たぶん、直接会って話を聞かなきゃ、
ずっと気づかなかったような気がします。

(お留守番しててくれた夫と子供に、ありがとう。)





【真・ブログ解体新書】

【特進アフィリエイトプロジェクト】 

いずれかをお持ちの方は、


ノウハウの向こう側にある著者のポリシー


を、ちょっと立ち止まって考えてみてください。


このノウハウを手にしたあなたが進むべき方向性に、

少しだけ思いを馳せてみてはいかがでしょうか。



自分の作業の方向性が、さらにクリアになるかもしれませんよ・・・♪




興味のある方はこちらから

↓ ↓ ↓

【真・ブログ解体新書】


【特進アフィリエイトプロジェクト】



あ、大事なこと忘れてました!

【真・ブログ解体新書】は10月末で販売停止となります!

これ以上売れるとサポートが追いつかなくなりそうだとか・・・。


なので、迷っている方はお早めに!!!


(こっそり一言)

近々この二つの商材もレビューしようかな?





この記事へのコメント
クミコさん♪

こんにちは♪いつも、コメントありがとう(^^♪

セミナー一度行きたいなと思いつつ
中々、いけないんですわたし。

良いな、セミナーいける人は良いな。

いつか、必ず行こうと目標にしてます。

凄く充実したセミナーでよかったですね。

また、おじゃまします。

応援ポチッとな\(*⌒0⌒)bがんばっ♪
Posted by marimama◆誰でもできる超簡単アフィリエイト2倍法則の方法◆ at 2006年10月30日 17:10
クミコさんはセミナーに行かれたのですね!
うらやましい。
すばらしいお話を聞かれてきたのですね!
ぜひ、小出しに実践途中経過報告お待ちしてます。(笑)
Posted by 元パティシエ主婦じゅんこ at 2006年10月30日 21:08
>marimamaさん

わたしもセミナーは年に1回くらいかな?
最近、夫が週末休みになったので、たまには行けるようになりました。

>じゅんこさん

小出しに・・・どこまで報告してよいものでしょうか(笑)
気づかぬうちにぽろぽろ出てきそうな気もします・・・。
Posted by クミコ@ミリママ養成塾 at 2006年10月31日 01:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。